【これよくない?】野外フェスで活躍すること間違いないTシャツ見つけた。

【これよくない?】野外フェスで活躍すること間違いないTシャツ見つけた。

令和元年の夏をむかえ、夏フェスシーズンも到来!

洋楽ならフジロックにサマーソニック、
邦楽ならロッキンジャパンにライジングサンetc…

毎週末のようにお祭りですね。
ですが、野外フェスを楽しむには天候も大いに左右します。

灼熱の日差しや突然の雨。。。
予測不能な天候に着ていく服装も毎回悩みます。。。

そしてついに見つけた野外フェスで天候に負けないTシャツを!!!

バーラップアウトフィッターのTシャツでございます。
こいつは今年のサマーアンセム的な1枚になること間違いない!!!


BURLAP OUTFITTER 別注SS POCKET T-SHIRTS
私はアーバンリサーチの別注を購入しました。

1枚の中に盛りだくさんの機能を備えたTシャツなんです。

デザインがスタイリッシュ
アーバンリサーチの別注だけあって、都会的な研ぎ澄まされたデザイン。
シルエットもキレイで街着としても違和感なくオシャレ。
シックなデザインでゴリゴリなアウトドア感を出さないところもポイント高い。

速乾・撥水(汗や雨)
汗をかいても張り付かないしなやかな素材。
とにかく撥水はすごいです!
勢いよく出した水道水をこんなにも弾くので、小雨程度なら心配ないんじゃないかな。

サプレックスナイロン素材(汚れに強い)
野外フェスでは1日外にいるので、お気に入りのTシャツが汚れてしまうこともしばしば。。。
素材がサプレックスナイロンなので頑丈で汚れもつきにくい。
綿と比べたらナイロンは汚れに強く頑丈なのはたのもしいです。

UPF40(紫外線対策)
避けては通れぬ夏の紫外線。。。

UPF40と高い数値で紫外線から肌を守れるので安心です。
ユニクロのUVカットパーカーと同等の数値。
(それでも日焼け止め対策は忘れずに。)

ドローコードで体温を保温

標高の高いフェスティバル会場では夜になるにつれて気温が下がることも。
そんな時はサイドのドローコードを引っ張って、体温を保温する。

絞ることであたたかい空気の層を内側に保つことができます。
ワンサイズ大きめで購入したので中に着込んで保温、下に長袖をかさね着をしてもキマる。
(さすがに1枚では不安なので、アウターも忘れずに。)

ネック裏のループタグで干すこともできる
キャンプインフェスなら、こんな風にぶら下げて干せておける。
万が一濡れてしまっても、干しておけば翌朝には乾いている。
自宅にて夜洗濯→室内干し→朝には見事に乾いていました!

 


サイドのポケット(これが決め手でした!)
このギミックに惚れました!

深さもあるのでパタゴニアのフーディニーも入れておける。
コンパクトなウインドシェルを忍ばせておけば、
突然の気温の低下や小雨にも対応できるのは心強い。

 

ポケットって落ち着くので、ついつい手を入れたくなる。
パンツの位置のポケットではなく、このTシャツ横の位置がなんとも絶妙です。
腕を休めるというか、心地よい安心感。これすごく良い。

 

野外フェス、キャンプにもってこいの高機能ウェア。
今の所、これが私の最強フェスTでございます。
この夏はバーラップアウトフィッターのTシャツを着て夏フェスに行きたいです!!!

気になった方はアーバンリサーチにてチェックしてみてくださいね。

 

 

 

The following two tabs change content below.
ハイク・キャンプ・ギア・音楽フェスなどアウトドアを発信するブログです。アウトドアを通じて見た事のない非日常を探してます。最近はトレラン・ランニングにも興味が出てきました。

コメント

*
*
* (公開されません)

Facebook 用コメント欄