【燕岳】登山歴1年弱・初めての北アルプスデビューは燕岳で間違いなかった! その1

【燕岳】登山歴1年弱・初めての北アルプスデビューは燕岳で間違いなかった! その1

燕岳、念願の北アルプスデビューはここと決めていた。
北アルプスの女王と呼ばれる理由が知れた山行でした。


8月はあっという間に過ぎてしまい気づけば9月も終盤。
昨年から登山を始めて、どうしても北アルプスへ行ってみたくて齧り付くように雑誌ばかり読んでいた。
夏山を逃すともう来年までアルプスは行けないから弾丸でもいってみようと思い立ったが吉日、それは山行の2週間前にダメ元で
友人のsu91moを誘い、二つ返事でokが返って来た。そして初めての北アルプスデビューが決まった。

仕事を終えて21時に静岡を出発、ゆっくり安全に安曇野まで進む。
毎年taicoclubで中央道は走ってるので難てことはなかったです。
ただやっぱり52号は苦手ですごく眠かった、私は諏訪湖から運転だったけど・・・
深夜2時くらいに中房温泉駐車場に到着したけど第一駐車場はいっぱいで第二駐車場に車を停めてしばし仮眠。
ブランケットを羽織っていたけど外はもうだいぶ寒く、車内でも温度計は10℃前後だった。私は初めての北アルプスに興奮なのか1時間位しか眠れなかった。

 


悶々と目を瞑っていたら空が青白くなり気づけば5時を回り支度を開始。けっこう車が停まっているけど、30台くらいでいっぱいなんじゃないかな。
5時45分いよいよ登山口へ向けて歩き始めます。


1kmくらいアスファルトの坂道を登って行くと登山道入口が見えました。
先週の連休の後でもやはり人気の燕岳、6時で既に人が賑わいを見せていました。
金時山よりも遥かに混んでいる。トイレも行列です。

6時15分、中房温泉登山口を出発。
ですが、第一ベンチ迄は集団行動かの様に行列で登山道を登って行きます。
ペース配分も前の人に合わせて進むので遅いのか早いのか微妙なまま進みます。
さすがアルプス3大急登、どこ迄も登りが続きます。
キャプリーンとフラッドラッシュが今回かなり効果を発揮しました!
そして今回アルプス戦に備えて買ったBlack Diamondのウルトラマウンテンflが効果を発揮します。これはまた今度日記に書こうかな。

6時50分
やはり人が多い…立ち止って山の景色や森の静けさを楽しめる感じはなく写真も撮れない感じで渋滞は続いてました。
第一ベンチで休憩です。汗はたくさん掻くけど、ぜぇぜぇはぁはぁ的な辛さは無かったです。
それでもこの第一ベンチからは第二ベンチでようやく渋滞は解消され自分たちのペースで登って行きます。

7時30分
第二ベンチに到着。まだまだこれからです。
トレッキングポールの使い方も慣れ始めて、脚にかかる負荷をうまく分散させながら登って行きます。

第三ベンチ、富士見ベンチも同じくひたすら頂上を目指して高度を上げていきます。
色々な方々を抜いては抜かれたりでようやく合戦小屋が近づいてきました。

9時00
合戦小屋へ到着。名物のスイカが売っているけど、もうこの時点で山々はガスも出てて吐く息が微かに白い。
もうダウン着てる方も見受けられます。

肌寒い…su91moは迷ったあげく男らしくスイカで水分チャージ。
DSC_0021
私は瓜系がダメなので今回は行動食でチャージ。なんとも美味しそうに召し上がるsu91moさん。
これより先は森林限界に入る未知のゾーンのため、高山病を恐れて高度順応のため長ーく休憩をとりました。

我々のcampでのチーム名は「overspec」なのですが、登山ではウルトラライトのスピリッツを意識しています。
私のザックは「Hyperlite Mountain Gear」でsu91moは「atelierbluebottle」共にガレージメーカーのザックで挑んでます。

su91moに関してはポールは「FREELIGHT」これカッコいいじゃないですか!

合戦小屋からはガスが強く、もうひたすら道を登っていく感じでした。
帰りに気づいたのだけどガスが無い時には槍ヶ岳が見えるのです。行きガスなければ槍ヶ岳にテンションあがってもう少し頑張れたかも。

けどね、ここは森林限界に近づいた標高2000mの高地。9月も下旬で既に紅葉が始まっていた。
霧の様な濃霧でカメラが壊れるのが怖かったのであまり写真には納めていませんでした。

ガスっております。目紛しく空が見えたり隠れたりこれがアルプスなんだ。
私はもうこの頃わくわくが止まらなかった。これまでの山行とは明らかに違い、別世界へ一歩一歩近づいていくのがわかる。

そして燕山荘がいよいよ見えてきました。
ここを登りきれば燕山荘へ到着します。
ガスが少し切れて女王が顔を見せた瞬間思わず声が出てしまいました。

ペースが上がります、もう少しで燕山荘です。

次回へ続きます。

The following two tabs change content below.
ハイク・キャンプ・ギア・音楽フェスなどアウトドアを発信するブログです。アウトドアを通じて見た事のない非日常を探してます。最近はトレラン・ランニングにも興味が出てきました。

コメント

*
*
* (公開されません)

Facebook 用コメント欄