【金時山】初めて登山する友達を連れてくなら金時山〜温泉コースがおすすめ!

【金時山】初めて登山する友達を連れてくなら金時山〜温泉コースがおすすめ!

念願の金時山へ行ってきました。

近いようで遠い箱根。
これまでに何回か行こうと計画は立てたものの雨や予定が合わないでいつの間にか6月を迎えてしまった。
今回は2人編成でこれまた初めての組合わせ。山行へ挑んだこの日はワールドカップ2014コートジボワール×日本戦だったけれど、案外駐車場は埋まっていた。我々の挑戦は金時神社入口(いわゆる仙石原ルート)から始まりました。


神社で参拝をしてすぐ横が登山道入口、アミノバイタルンProを摂取していざ出発。
整備された登山道はひたすら上を目指して登るのみ。
箱根は高地なのか、日陰は涼しく時折吹く風が心地よかったです。


新緑が太陽の光に晒され隙間からこぼれる光が美しいのです。
冬の凛とした山行も良いですが、軽装で登れるのでこの位の時期も良いと思いました。
冷たい空気が鼻孔を刺激しないので鼻炎もなく快適に登れる。
ですが、もう夏山シーズン直前で虫が多く木陰が無い場所では日差しが容赦ないですね。

暫く歩くと「金時宿り石」に到着。
「大きい…」真っ二つに割れた大きな岩に圧倒されます。
そしてここからが結構な急登で発汗が止まらない。


そうです。こんな感じです。
根っこがむき出していますが、この横を登る様に登ります。
この先はひたすら登るのみで、時折芦ノ湖方面の眺望が見えますがベストショットはやはり山頂だと思うので
山行写真はこの位しかありません。

そして….歩き始めて約1時間経過すると…..


頂上に到着。
箱根の景色が目の前に広がっている。
なんかアンビエントな感じですね。しばし美しい景色を見渡す。


富士山は雲に覆われ見えません。
やはり私の山行は富士山と相性悪いのかな、見えない確率が高い。
でもいいんです、静岡生育ちだから。


しばらくすると箱根側の雲が抜けて快晴になります。
毎回思うのだけど、この短時間で変わる空の様子、下界を一気に光で染めて行く光景は本当に絶景。


岩場にてしばし浮かれる。
結構な高度感。
高所恐怖症なのでかなり内心はドキドキしました。
内股になってて、控えめのピースがなんとも…..


やっぱり広角レンズ買って良かったな。
山で最大級に効果を発揮する。広ければ広いほど楽しい。
足もこんなに長く入ってしまう。


お昼にしましょう。
元祖金時茶屋へ。


ワールドカップ日本戦だと言うのに賑わいを見せている山小屋&山頂。
雰囲気があり、山ガールもちらほら。(sunto付けてる女子っていいな。)


ジャジャーン!
まさか山頂でかき氷を食べれるとは!!
ありがたい事です。


今回は初めてのアルファ米を試してみる。
思ってた以上に美味しい!汗をかいてるので塩分摂取にもちょうど良いです。
そして行動を科学するべくBCAAが豊富なアミノバリュー(行動中)
後はおやつ代わりのクリフバーでお腹もいっぱい。


アルファ米はサーモスにお湯を持ってきていたから注いぐだけで完成、楽チンですね。
15分程蒸らすのですが、金時山山頂は岩場がちょっとしたアトラクションで友人と楽しんで写真撮影なんかしてたので直に完成。
人多いけど楽しくてけっこうな時間はしゃいでいました。


充分満喫して下山開始。
やっぱ山は楽しい、頂上に辿り着いて広がる景色を見る瞬間が好きだ。
登山を始めてまだ1年も満たないけど着実に楽しみが増えている。

そして帰りはお待ちかねの温泉。
今回は御殿場温泉会館にて疲れを癒しました。
湯船に浸かりながら妄想を….次はどこの山へ行こうか?もうすぐ夏山シーズン到来だよ。
そう、アルプス行きたいよね。
やっぱり初心者だから先ずは「燕岳」かな。
いやいや、八ヶ岳だったらアルプスより近いし良いかも。

なんて、やらなきゃ行けない事はたくさんあるけど
それを言い訳に自分のやりたい事が出来ないのはよくないから
次の山行を具体的にイメージしておこう。

【備忘録】
・今回はヘアターバンが大活躍。汗ストッパーの役割でストレスなし!
・アミノ酸摂取&ストレッチ&ニラレバで翌日の疲労も軽減できた。筋肉痛も軽い。
・日焼け対策にpatagoniaのバケツハット欲しい。手の甲もグローブマスト。
・ヒザはゆっくり歩いたから痛み無し!(往復2時間だからかな。)
・UVケアのリップ購入。

今度はトレーニングとして毛無山へ行きたいな。

The following two tabs change content below.
ハイク・キャンプ・ギア・音楽フェスなどアウトドアを発信するブログです。アウトドアを通じて見た事のない非日常を探してます。最近はトレラン・ランニングにも興味が出てきました。

コメント

*
*
* (公開されません)

Facebook 用コメント欄