【冬の本命ランニングパンツ】トリムテックスが最強の理由

【冬の本命ランニングパンツ】トリムテックスが最強の理由

冬用ランニングパンツについて本気出して考えてみた。

前回ブログの答え合わせ。

大本命のトリムテックスを購入して昨年から使い込んでみての感想です。
冬のランニングパンツに間違いない1本になりました。

わたくしが1シーズン履き込んで感じた率直な感想は….

・前面が防風で冬の寒波をしのぐ。
・前面の内側はメッシュ素材のため汗がベタつかない。
・裏面はタイツのようなフィット感でばたつきがない。
・ジッパーがふくらはぎ上まであるので着脱が簡単。
・ひざのベンチレーションで可動域が広がる。
・極寒時でもタイツを履いたてランニングができる。
・冬場でもすぐ乾くので、洗濯してヘビロテできる。

現状とても満足しています。
それではトリムテックスのサイズ感や細部をレポートしたいと思います!

 

トリムテックスのサイズ感

トリムテックスは販売店が少ないので、サイズ感も掴めず、
なかなか通販での購入に踏み切れませんでした。

なので実物を試着すべく、富士市にあるATCストア様まで足を運びました。

わたくしは180cm・60kgと痩せ型体型です。
当初はSサイズかな?と思っていました。
そしてまずはSサイズを試着してみました。

Sサイズはかなり「ぴったりめ」。
トリムテックスのポケットにiPhone7を入れて屈むと干渉してしまいました。
(iPhoneが邪魔で屈むのが困難なくらい。)

Sサイズはフィットしすぎるので脚やお尻のラインもけっこうわかる感じでした。

 

次に実際購入をしたMサイズ。
Mサイズは細めだがややゆとりがある。
下にタイツを履けるくらいのゆとりもある。
屈んだ時でもiPhone7は干渉はしない。(これが決め手ですね。)

思ってたよりもタイトめな印象なので、ワンサイズ上くらいのイメージが良いと思います。
わたくしは他のランパンは以下サイズを使用しています。

・パタゴニア ストライダープロショーツ:Sサイズ
・パタゴニア バギーズショーツ:Sサイズ
・山と道 ショーツ:Mサイズ(2019年モデル)

こちらも参考までに載せておきます。

 

横から見るとシルエットは細めでタイトに見えます。
脚がながく見えるのもポイント高いですね。
さすが北欧ノルウェー発のスポーツウェアブランド。

タイトに見えますが、履いている感じは窮屈な感じはないですね。

 

裏側はストレッチ素材なので伸縮が効いて動きやすい。
密着感があるように見えますが、
タイツのような締め付けがないのもポイントが高い!

 


素材がよく伸縮するので足上げはストレスを感じません。
そのヒミツは↓こちらの膝にありました!


膝にベンチレーションの切りかえしがあるので可動域が広がる。

ランニングはもちろんですが、激しい動きのトレイルランニングでも活躍しますね。
ベンチレーションのおかげで蒸れも軽減され運動中は終始快適です。

 

 

トリムテックスのノン・ストレスポイント


タイツではないので、密着感は強くない。
運動後スムーズに脱ぐことができます。

ジャージのように「ふくらはぎ」近くまでジッパーの上げ下げできるので
靴を履いたままでも着脱ができます。
トレランの大会などレギュレーションで長ズボン必携の場合は有効ですね。

トリムテックスのロゴの形をした反射板も大きめに付いているので、
すぐに暗くなってしまう冬場の夕方も安心です。
(ですが、夜間はライトを持ってランニングしましょう!)

 

ウエストはきつすぎないゴム仕様。
丸紐でベルトのように調整もできる。
ランニング中にズレ落ちるてことはありません。

 

 

ちょっと気になった点・耐久性

表側の内側です。
メッシュ素材に当たる箇所ですね。
このメッシュが汗を吸い込み不快感を軽減してくれます。

昨年購入して秋から冬の1シーズン使い込んだので、
少しメッシュ生地が擦れています。

写真は拡大して荒れを強調していますが、
実際そこまで酷くはありません。

↓上から見たかんじ。

 

この箇所(メッシュ地)以外は特にダメージもないので耐久性は高いと思います。

使用の度に洗濯も重ねましたが、
ロゴのプリントや反射板はしっかり健在です!

 

 

トリムテックスのポケットはやや小さめ

ポケットは掌が入り切らないくらいの大きさ。
意外と小さいです。

iPhone7は入りますが、規格の大きいタイプの携帯だと厳しいかもですね。
実際にiPhoneをポケットに入れた感じは以下になります。

ポケットはあまりモノが入らないので最小限の小物のみですかね。
小物を収納に重視するのであれば、パタゴニアのストライダープロがやはりおすすめです。
冬場は寒くて短パンは厳しいですが….

 

オーバーヒートしまわないようにアンサーフォーと組み合わせるといいかんじです。
パワーグリッド フルジップフーディ も冬のマストランニングウェアです。

 

 

 

トリムテックス使用しての総括

まちがいなく冬のランニングパンツとして期待にこたえてくれる1本です。
シルエットがキレイなので、走っている姿もスタイリッシュ(自己陶酔ですね。。)

防風で寒波をしのぐ。
内側で汗の不快をやわらげる。
膝のパーテーションから蒸れ換気もできる。
背面はストレッチ素材で適度なフィット感。
バタつきもないので心地よくランニングができる。

ランニングはもちろん、ハイキングや野外アクティビティでも大いに活躍できる万能ウェア。
デザインは北欧ノルウェーだけあって文句なしにかっこいい。

トリムテックスは細部に魅力が詰まったランニングパンツですね。
2年目の秋冬シーズンも充分活躍してくれることまちがいなし!
これから寒くなって億劫ですが、気分を高めるランニングパンツとしてトリムテックスを候補にいかがでしょうか?

こちらの記事もあわせてどうぞ!

 

 

 

The following two tabs change content below.
ハイク・キャンプ・ギア・音楽フェスなどアウトドアを発信するブログです。アウトドアを通じて見た事のない非日常を探してます。最近はトレラン・ランニングにも興味が出てきました。

よろしければコメントをどうぞ

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By かず

    いつも、いい記事ありがとうございます。
    トリムテックスはiPhone7入れながら走る時邪魔に感じますか?

    • By ioriko

      ポケットが小さめなのでiPhone7が脚の付け根に密着するような感じですね。
      iPhone7は揺れず、フィットした感じに収まります。
      邪魔には感じないと思いますよ!

      極端な脚上げ(ダッシュでハードルをとびこすような脚上げ)の動作ですと邪魔に感じるかと思います。
      ですがランニングする分には全然ストレスは感じません!

コメント

*
*
* (公開されません)

Facebook 用コメント欄